活動報告

2013年 2月定例府議会本会議 一般質問 

本年2月に、皆様の貴いご支援を賜り、柏原市から府議会に送り出していただきました。大阪府政のさらなる改革に全力を尽くします。
府議就任直後から2月定例府議会が始まりました。大阪府のため、そして柏原市のため様々な課題に向き合うなかで、本会議における一般質問者12人のうちのひとりに選ばれ、早速にも府議会壇上に初登壇いたしました。その概要をご報告いたします。
皆様には今後とも一層のご支援とご意見を賜りますよう
お願い申し上げます。

体育授業サポート事業の拡充

中谷やすのり中谷やすのり

柏原市では大学生を小学校に受け入れての交流の例があり、小学生には楽しい思い出になったという。府が行う小学校の体育授業に大学生を派遣する事業の成果を伺う。

教育長

来年度までの実施だが、活用した小学校からは「大学生が見本を見せることにより、子どもたちのやる気につながった」などの報告を受けている。

中谷やすのり

対象を中学に広げ、あるいは拡充した形でサポート事業を実施すべきである。
私の関わっている少年野球では、元大リーガー・野茂英雄氏のボランティアのもと、毎年、全国の硬式野球選手から中学3年生16人を選抜し、アメリカ遠征を行っている。地域に根ざし、元大リーガーがボランティアで野球を指導する社会貢献団体を訪れ、地元の少年らと一緒に交流している。私も遠征の団長として、交流を通じた子どもたちの成長を見てきた。
府でも、地域に根づきスポーツを通じて成長を見守る団体や、大学と連携するなど、様々なかたちで学校外の人材を現場に招き入れ、児童・生徒との交流を図るよう、サポート事業を拡充していただきたい。

地域観光への支援

中谷やすのり中谷やすのり

柏原市には、高井田横穴公園など貴重な史跡が点在し、近接する堅上地区、横尾地区は河内ぶどうの名産地。これらを結びつけた地域の活性化策が検討されている。府内の多様な魅力を発信し、大阪市内から観光客が訪れるような仕組みづくりが重要ではないか。

府民文化部長

平成25年度に日帰りで大阪府内の魅力スポットを巡るバスツアーのモデルコースづくりを行う事業を実施する予定。府内の様々な魅力を体感いただけるツアーコースを作っていきたい。

都市計画道路「大県本郷線」の整備

中谷やすのり

国道25号から東側への延伸が進められている。周辺の方から騒音や粉じん等を心配する声もあるが、地域の交通渋滞の緩和と中心市街地の活性化に寄与する幹線道路として、早期の整備が求められる。今後の取り組みはどうか。

都市整備部長

大県本郷線は柏原市域の交通ネットワークを強化し、周辺の渋滞緩和を図る路線。平成25年度から長瀬川交差部の工事を行った後、JRアンダーパス工事を行う予定である。引き続き住民の皆様のご理解を得ながら事業を推進する。

関西広域連合への奈良県の参加

中谷やすのり

柏原市は奈良県と隣接しており、奈良県との共有部分は多い。関西全体の広域行政を担う関西広域連合が設立されて2年以上たつのに、いまだに奈良県は参加していない。奈良県の関西広域連合への参加に関し知事の考えを伺う。

松井知事松井知事

関西が一体となって広域的な行政課題に取り組むためには、奈良県には是非とも関西広域連合に参加いただきたいというのが私の思い。今後とも構成府県市とともに広域連合の取組成果や重要性を訴え、参加を呼びかけていく。